<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
原村は文化の秋です! その2


まだまだあります。原村文化活動

原村図書館で行われた「絵手紙講座」
以前から、一度体験してみたいと思っていたのでさっそく申し込みました。
先生に教えられた通りに、筆の上の方を持って描いていくと。。
下手であっても、自分の手で描いたところに意味がある!自己満足!


そして今日はというと…

午前中は、原村村づくり講座in原山の、「原山の防災力を考えよう!!」で、
防災や地域福祉についての勉強会に参加し、午後は、国際交流クラブ原村主催の
ナマステ!インドひとかじり」でインドの文化にひたり…
夜は、図書館で、大人を対象にした「夜のおはなし会」で、アマチュアとは思えないような
すばらしい語りや劇などを鑑賞するという、まさに文化的な一日でした


原村に引っ越してきてまだ半年だというのに、実にいろいろな文化活動に出会いました
都会では、何をしようとしてもお金がかかります。これ、大きいですよね。

でも、ここではそれほどお金をかけずとも、身近で文化にふれることができます
まだまだ、これからどんな文化と出会えるか楽しみですが
「じっくり」が苦手な私にはあせらず「ゆっくり」かかわることを心がけなければ



ちょっとまった、私ってペンションの新米オーナーでしたよね。
どうして、こんなに文化活動にのめりこめるわけ?
よっぽど、ひまなんじゃない?・・・と思われても当然。

実は、ペンション経営にはきびしい現実が・・・

今、原村に移住した原点にもどり
ペンション経営をめぐって、みい@スタッフとこれからのことを話し合っています。
ペンションのオーナーになると決めた以上、
半年で挫折ということにならぬよう、解決策を見つけようと思います


カラマツの紅葉もそろそろおしまいです。

投稿者: P.野の花 オーナー
2011.11.21 Monday *** 原村の紹介 / 21:36 / comments(5) / trackbacks(0)


Comments
お元気ですか。
街中の喧噪に惑わされ、ややもすると後景に押しやられてしまいそうなモノが原村には一杯ありそうですね。
 ブータン国王夫妻が来日して、あったかい話題をたくさん残してくれました。貧しいけれど心豊かな国?ブータン。最貧状態ながら、生きることにものすごいエネルギーをぶつけあう人間があふれる国、インド。
 きびしい現実。なんにもできないけれど、横浜には強力な応援団がいます。がんばってください。
野の花ペンションのブログ、楽しみにしていますョ。
フル / 2011/11/22 11:46 AM
あたたかい応援ありがとうございます。

きびしい現実については、「あんたは甘い!」と言われればその通りなのです。
でも、「私は何を求めて原村に来たのか。」を考えると、
今の生活は、私にとってはとてもありがたいことでもあります。
あせらず、一番良い解決方法を見つけたいと思います。

原村は、イルミネーションが点灯しクリスマス気分です。
クリスマスと言えばビング・クロスビーですよね。
子どもの頃、父のレコードを蓄音機にかけてよく聴いていました。中でも「ホワイトクリスマス」は最高。

今日の朝は冷え込んでネコ用の水が凍っていました。
初めての厳冬生活は、ドキドキ・ワクワクって感じです。
こんな、新米オーナーの野の花ですが、
また、どうぞ遊びにいらしてください。


新米オーナー / 2011/11/22 8:14 PM
がんばれーーーっ!



そんなときは音楽が癒してくれる。

イル・ディーヴォの「クリスマス・コレクション」を聴いてます。
T.Kitamura / 2011/11/23 8:52 PM
ペンション経営、難しいんでしょうね~!

ママさんはセカンドステージの住みかとして野の花を得た。
先ずは、ママさん自が原村でたっぷり遊ぶことが大事ではないでしょうか。
その上で、皆さん、遊びにお出でよ~と!!

その内、また、遊びに行きますよ~(^o^)
ムトヤン / 2011/11/24 6:21 AM
T.kitamuraさん

世の中、もっともっときびしい思いをしている人がたくさんいるというのに、甘ったれるなー!ですよね。

そういえば
野の花には、まだクリスマスソングのCDがありませんでした。
まず、いろいろ聴いてみたいと思います。
アドバイスありがとうございまーす。



ムトヤンさん

おっしゃる通りです。

原村の生活を満喫してからでないと
みなさんにその良さを伝えられませんよね。

贅沢な悩みだとは思っているのですが・・・

「ペンションやるんだったら、まず自分が楽しまなきゃだめだよ。」
と、会うたびにペンション区長さんもおっしゃっているので

やっぱり、原村の生活を楽しもうと思います。
それが私の生きる道でした。

みなさんのあたたかいエールで目が覚めました。
ありがとうございます!!



新米オーナー / 2011/11/26 8:55 PM
POST A COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
Infomation

ペンション野の花の公式HPは
▼こちらからご覧いただけます
ペンション野の花
BlogPhoto
From faceBook
Archives
Comments
BlogParts


For Mobile
qrcode
Others
material by
ヒバナ / MINIMUM CLOSET
template by Utakata.
Search