<< November 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
原村は文化の秋です! その1
秋はどんどん姿を変え、今、麓の紅葉がまっさかり。
買い物に車で諏訪に下りると、山々が緑、黄色、茶色などのグラデーションになって とてもきれいです。
野の花はというと・・・



もみじの真っ赤が、秋の終わりを告げています。



庭の木々も冬支度、どこをとっても絵になります。
でも、こんな風景もつかの間、真っ赤な紅葉の葉も雨に打たれ、散り始めています。

そんな中、今年も「原村村民文化祭」が催されました
芸能フェスティバル、学習体験・交流広場、一般芸術作品・活動展示など
原村の村民のみなさんが日ごろ活動されている成果を発表・交流できる場となっています。
保育園・幼稚園・小学校・中学校の子どもたちの作品も展示され、
小さな村だからこそできるふれあいの場に都会にはないあたたかさを感じました。
私も、「青い空の会」のみなさんと福島の原発の事故の実態を調べ、できるだけたくさんの方に関心をもってもらえるよう展示に協力しました。
やっぱり、こういうことになるとどうしても燃えてしまう私なのでした。



文化祭だけではありませんよ。

この間は、ペンション区主催で健康維持促進「スキルウォーキング講習会」があり、参加してきました。
講師は、ソウルオリンピック競歩代表の酒井浩文さん。
準備運動とウォーキングのコツをうかがった後、文化園から白樺の道、農場、文化園までの3.6キロの道程を、初めて両手にノルディックウォーキングポールをもって歩きました
みんな速い、速い。
横浜では「歩くの速いですね。」と言われた私ですが、くやしまぎれに
「やっぱり、景色を堪能しながら歩きたいですよね。」
と、ドン尻をゆうゆうと歩いていきました。

「冬は運動不足になるから、またこういうことをやってほしいですね。」と言うと、
「いやあ、雪かきがあるからね」 なるほど、冬を知らない人の浅はかな発言でした。
これから、どうなるのだろう。おそろしい・・・・



投稿者: P.野の花 オーナー
2011.11.11 Friday *** 原村の紹介 / 08:02 / comments(2) / trackbacks(0)


Comments
雪かきと言っても、それほど積もっていたという記憶はないですね。
ただ、寒い・・・
道もブラックアイスって言うんですかね、ツルツル。
四駆+スタッドレスが必需品でしょう。

T.Kitamura / 2011/11/12 11:05 PM
アドバイスありがとうございます。

なんたって、マイナス10度ということですから
テレビコマーシャルのアイスカフェの世界ですよね。
車も「一度事故らないと・・・」なんて脅かされています。

車だけでなく、水道が凍るのがもっと怖いです。

まあ、それもチャレンジということで
「失敗は成功のもと」と、覚悟を決めて参りましょう。
新米オーナー / 2011/11/13 10:44 PM
POST A COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
Trackback
Infomation

ペンション野の花の公式HPは
▼こちらからご覧いただけます
ペンション野の花
BlogPhoto
From faceBook
Archives
Comments
BlogParts


For Mobile
qrcode
Others
material by
ヒバナ / MINIMUM CLOSET
template by Utakata.
Search