<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
ようやくペンションの桜の蕾も色づいて・・・

今年の桜の便りは去年よりかなり遅いようです。

4月上旬待ちきれず、ご近所さんと北杜市の樹齢約400年といわれる「神田の大イトザクラ」へ。しかし、ここも開いている花はわずか数輪でした。

次は、清春芸術村へ。こちらは八分咲き。

 

さらに南へ下がり、日本で一番古い桜と言われる樹齢2000年の山高実相寺「神代桜」へ。

2000年もの間、人々を魅了してきたとは信じられません。

でも、有名な桜とあって、人も満開。観光地となっていました。

 

 

まだ蕾も固い原村で、今しかできない草木染を体験しました。

川岸さんは蕾のついている桜の枝を煮出してミョウバンで染めます。

その作品がこちら。色の濃い桜の枝ほどきれいなピンク色に染まるのだそうです。

まさに春の色ですね。。

原村の臥龍公園の桜もぼちぼち開き始めました。

標高1300mはまだまだ蕾ですが、春の気配がそこここに見られるようになりました。

連休には、雪解けの八ヶ岳と満開の桜が皆様をお迎えいたします。

 

                              

 

投稿者: P.野の花 オーナー
2017.04.29 Saturday *** - / 09:02 / comments(0) / trackbacks(0)


Comments
POST A COMMENT









Trackback URL
http://blog.p-nonohana.com/trackback/222
Trackback
Infomation

ペンション野の花の公式HPは
▼こちらからご覧いただけます
ペンション野の花
BlogPhoto
From faceBook
Archives
Comments
BlogParts


For Mobile
qrcode
Others
material by
ヒバナ / MINIMUM CLOSET
template by Utakata.
Search