<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2016年が終わろうとしています

秋から冬にかけての冷え込んだ朝早く、諏訪の街は一面雲海に覆われます。

標高の高い原村だからこそ見られるとても不思議な現象です。

 

12月と言えば、「しめ飾りづくり」

今年も小林名人のご指導のもと、心を込めて作りました。

 

            

次は、ペンション区年忘れ餅つき大会。

30人以上の区民が集まって、わいわいがやがや。

ついこの間まで、極寒の大みそかにやっていたのですが、寒すぎるということでこの時期になりました。

そして、怒涛の忘年会。

原村では「一品持ち寄り」が多く、それぞれが自慢の料理を持ち寄ります。

皆さん料理がとてもお上手。5年たってもかないません。

 

        

今年のクリスマスは、こひつじ幼稚園の降誕祭から。

子ども達のかわいい降誕劇に癒されました。

 

その後は、「八ヶ岳中央高原キリスト教会」のクリスマスイブキャンドルライトサービスへ。

パイプオルガンに原村古楽合唱団のグレゴリオ聖歌、そしてキャンドルの十字架。

半世紀ぶりに、キリストの生誕を祝うクリスマスイブを過ごすことができました。

 

 

2016年もあとわずか。

大好きな原村で、自分がやりたいことができている今に感謝しつつ、

来年も無理をせず、いろいろなことにチャレンジしたいと思います。

野の花を応援してくださっている皆様、1年間本当にありがとうございました。

よいお年をお迎えください!!

             

          

投稿者: P.野の花 オーナー
2016.12.29 Thursday *** - / 22:59 / comments(2) / trackbacks(0)


Comments
ご無沙汰しています。お元気ですか?
さすがに原村だなぁ、と思われる美しい景色です。厳しい寒さだからこそ、村の人たちの絆も強く楽しさにあふれていますね。
私はこのところ何かと気忙しく、今年もあっという間の一年でした。歳を重ねるごとに焦りのようなものを感じます。

来年は時期を選んでお邪魔しようとおもいます。
どうぞお元気で、怪我などにも気をつけてよい年をお迎えください。

フル / 2016/12/30 10:54 AM
フルさんへ

ありがとうございます。
今年は御柱祭があったこともあり、特にみんなで集まって楽しむことが多かったみたいです。
ペンション区は人とのつながりが適度にあって、とても住みごごちがよいので、高齢化になってもどうにかしなくちゃという切実感がありません。それが問題でもあるのですが。
今年は若い人達が動き始めているので、少しは変われるかなと期待しています。

来年もよろしくお願いします。


いまだに新米? / 2016/12/30 6:59 PM
POST A COMMENT









Trackback URL
http://blog.p-nonohana.com/trackback/218
Trackback
Infomation

ペンション野の花の公式HPは
▼こちらからご覧いただけます
ペンション野の花
BlogPhoto
From faceBook
Archives
Comments
BlogParts


For Mobile
qrcode
Others
material by
ヒバナ / MINIMUM CLOSET
template by Utakata.
Search