<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
厳しい寒さはまだでも、冬の楽しみはもりだくさん!

11月、古希を迎えたと思ったら、左腕にしびれと痛みが・・そのうちに発疹。医者に「帯状疱疹だね。しびれはやっかいなんだよね。」と言われ、その通りペインクリニックに通うはめに。1カ月たってもしびれは収まらず、免疫力は人一倍あると思っていたのに、70の壁は思いのほか高かった。

 

でも、11月はイベントが目白押し。この日は原村地域おこし協力隊の尾島美咲さんに「原村の野菜を使ったお料理」を教わりました。たっぷりパセリのスペアリブやトマトごはん、カボチャのモンブランなど、若い先生を囲んで新しい感覚のお料理に挑戦。楽しくておいしいひと時を過ごしました。

 

 

今年もイルミネーションの季節になりました。ペンションVの高齢化で存続の危ぶまれる中、うれしいことに若い実行員の参加が増え、若い人達の感覚で星空のイルミネーションが展開されるようになりました。原村の冬の風物詩でもあるイルミネーションがこれからも続いていくよう後方支援していきます。

 

 

で、野の花のイルミは?というと・・・

今年は台風の被害のこともあり、一大決心。築40年の屋根と外壁のリフォームを決行。まだ10年くらいは、ペンションを続けられるといいな。

 

 

年末と言えば「ペンション区しめ飾りづくりと年忘れ餅つき大会」大ベテランのご指導の下、子ども達も集って老若男女にぎやかに開催されました。このにぎやかさがいつまでも続くことを願うばかりです。

 

暖かい11月でしたが、明日の天気予報は雪。厳しい冬の寒さがいよいよ到来です。

神経痛が速く治るように、せっかく近くにあるもみの湯に通い始めました。

皆様も、寒暖の差で体調を崩さぬようお過ごしください。

 

                    

 

 

 

投稿者: P.野の花 オーナー
2018.12.11 Tuesday *** - / 11:04 / comments(0) / trackbacks(0)


秋の大きなイベントも終了、静かな原村に・・・

10月始め、黄金色の田んぼも稲刈りが始まり、紅葉の季節が近づいてきました。

   

そんな時やってきたのが台風21号と24号。道路や庭の木々をなぎ倒し、屋根のトタンを3枚吹き飛ばし、家の中は雨漏り。おまけに48時間も停電。水道とガスが使えたのは幸いでしたが、想定外の出来事。自然には逆らえません。

 

秋がどんどん深まる中、ペンションV園芸クラブの「寄せ植え」教室に挑戦。ここは秋の色でまとめてみました。

 

裏庭のカラフルで宝石のような野葡萄がたわわに実り、こちらも秋の色。

そして、いよいよ紅葉の季節がやって来ました。

  

 

  

今年は「クラフト市」と「まるごと収穫祭」が重なってペンションもお客様も大忙し。今年も作家さんに泊まっていただき、たくさんのすてきな出会いがありました。出店するには抽選があり、なかなか当たらないのだとか。全国から集まった作品はとても見ごたえがあります。紅葉の下のクラフト市もなかなかですよ。今年は3日間ともお天気に恵まれラッキーでした。

 

久しぶりに熱気球が上がりました。実践大学校の文化祭のような「まるごと収穫祭」学生さんが育てた野菜や卵などが並び、楽しいお店や出し物がいっぱいです。

 

残念ながら今年は猛暑と台風の影響で、紅葉はいまいちというところでしょうか。まだまだ、日々変化する紅葉のグラディエーションは続きます。

                    

 

投稿者: P.野の花 オーナー
2018.10.30 Tuesday *** - / 08:59 / comments(2) / trackbacks(0)


秋は駆け足でやってきます

とにかく暑い夏が過ぎ、9月はあっという間に駆け抜けていきました。残念ながら真っ白なソバ畑はもう見られません。

ブットレアの花には、羽がぼろぼろになった蝶が数少なくなった花の蜜を求めてたくさん集まっていました。

この日は、地域おこし協力隊の尾島さんの料理教室に参加。原村の野菜をたくさん使った料理に挑戦。特徴は山盛りの原村のパセリ。スペアリブのマーマレード煮と枝豆とトウモロコシのリゾットと一緒にいただきます。ホウレンソウのムースもおいしかった!!

 

毎年、自然文化園と八ヶ岳高原教会で行われる「はらむら古楽祭2018」。今年は、野の花も会場に。前田りり子さんのバロック・フルートは木製、日本の横笛に似ています。その音色は自然体で、八ヶ岳の森にぴったり。

まるやち湖も夏のあざやかな緑からシックな緑へと変身です。

 

デリ&カフェ「K」の秋のおすすめはパンプキンパフェ。パンプキンプリンとソフトクリームのコラボがGood!

 

田んぼには黄金色の稲穂がたわわに実っています。稲刈りはまだこれからの所が多く、台風24号が心配です。台風20号では、なんと29時間もの大停電に遭遇しました。全国で甚大な被害がでないよう祈るばかりです。

今朝の気温は13度。日に日に寒くなってストーブの出番となりました。

さて、この写真の中にネコは何匹いるでしょう?

 

 

投稿者: P.野の花 オーナー
2018.09.29 Saturday *** - / 12:22 / comments(0) / trackbacks(0)


原村もかつてない暑さが続いています!

こんな美しい夕焼けが見られるのはうれしいのですが・・・

あつーい!原村に移住してこんなに暑い夏は初めてです。それでも8月に入って朝晩がめっきり涼しくなりました。空気が澄んでいるせいか、強い紫外線が皮膚に突き刺さります。この暑さはお盆中も続きそうです。お越しになるときは紫外線と暑さ対策を!!

いつもは雨の降ることが多い夏のクラフト市ですが、今年は炎天下で開催されました。あまりの暑さにみなさん木陰に避難。涼しげな作品がちょっぴり暑さを忘れさせてくれました。

 

 

毎年、全国から星マニアが集まる「原村星まつり」。今年は「火星大接近」ということもあり、たくさんの人々でにぎわっていました。火星もばっちり見えたようです。

原村の夏と言えば「星空の映画祭」、私も早速「グレイテスト・ショーマン」を鑑賞。見上げると無数の星がスクリーンと一体化して野外ならではの不思議な感覚が病みつきになります。星空の映画祭は、寒さと虫さされ対策が欠かせませんよ。

 

 

そしてお馴染み「高原朝市」。カナディアンファームの店先にはおいしそうな採れたてのサニーレタスやプリーツレタスが浮かんでいました。今年で30回目を迎える朝市は、若い出展者が増えて雰囲気が随分かわりました。いろいろ回って、お気に入りのお店を見つけてくださいね。

原村からちょっと足を延ばせば、今話題の「縄文時代の土偶」が展示されている尖石遺跡や、東山魁夷の「緑響く」のモチーフになった御射鹿池も見られます。是非立ち寄ってみられてはいかがでしょうか。

 

全国的にまだまだ暑さが続きそうです。皆様くれぐれも体調を崩さぬようお気をつけください。

投稿者: P.野の花 オーナー
2018.08.12 Sunday *** - / 12:10 / comments(0) / trackbacks(0)


やまぼうしの白い花が満開です!

6月のうちから、今年の暑さはどうなってるの?と言っていたら7月に突入。さらに暑い、というより熱いに近いかも。

朝晩は涼しいとはいえ、原村で日中30度近い日が続くのは異常です。

原村の夏は、どこにいっても「やまぼうし」の白い花に出会います。今年は特にみごとです。

夕方7時ごろ田んぼの道を走っていたら、美しい夕焼け空に出会いました。

こんな不思議な雲にも。八ヶ岳からダイダラボッチが下りてきたみたい。田んぼのある風景は心のふるさと、癒されます。

 

6月にはうれしい出会いも。浜中で最初に卒業させた教え子たちが訪ねてきてくれたのです。歳を聞いたらなんと58歳になるとか。その頃私も20代、「そんなこともあったよねー。」3−8の学級日誌や卒業文集を開いたり、前代未聞クラス合宿の思い出話に花が咲きました。ペンションはまだやめられません。ありがとう!!

 

まるやち湖もすっかり夏もよう、自然文化園のレストラン「K」も30日にグランドオープンしましたよ。

 

近所の猫が遊びに。お友達になりたいみたいだけど、タヌキのようなしっぽで唸るミラ。本当にビビりです。いつになったらお客様をおもてなししてくれるのか、申し訳ありません。

                       

 

投稿者: P.野の花 オーナー
2018.07.04 Wednesday *** - / 16:06 / comments(0) / trackbacks(0)


あっという間に夏のよそおいに・・・

 

どこへ行っても田植えの風景が見られる季節となりました。

原村は兼業農家さんが多いので、土・日曜日が田植えの最盛期。

近頃は、田植えも機械で植えるので、あっという間に完了です。

レンゲつつじも満開となり、これから自然文化園では様々なイベントが開催されます。

まずは健康教室に参加。美しい新緑の中「インターバル速歩」の講座で汗を流します。その横では、太鼓のリズムでフラダンスの練習風景が。歩くのを忘れて思わず見とれてしまいました。

 

野外ステージでは、「JaJa]のコンサートが開かれ、さわやかな風に乗ってサクスフォーンの音色が響きます。

新緑の中での野外コンサートは格別でした。

今年は、ペンション野の花もバーベキューセットを揃えました。

夏は、ビールを飲みながらバーベキューに舌鼓といきましょう。

ということで、早速みい@スタッフの職場の皆さんにご利用いただきました。

焼肉のみならず、炭火で焼くやきとりは絶品でしたよ!

わいわい、がやがや、皆さんとっても楽しそう!日頃の仕事のお疲れを癒していただけたでしょうか。

 

本格的な夏はまだまだ先なのですが、今年はもう気温が25度を過ぎる日が多く、蝉まで鳴き始めてこれから先どうなるのかちょっと心配になります。

でも、少なくとも都会よりはずっと過ごしやすいと思います。

7月には例年通り、「クラフト市」「星空の映画祭」そして「朝市」も始まります。この夏はどうぞ原村へ。詳しくは、原村ホームページをご覧ください。

                       

 

投稿者: P.野の花 オーナー
2018.05.27 Sunday *** - / 19:41 / comments(2) / trackbacks(0)


原村にも桜前線到達です!!

4月も半ばを過ぎ、原村でも標高の低いところから桜の便りが届き始めました。

これは圧巻です。樹齢100年を超すと言われる菖蒲沢のみごとなしだれ桜。

原村には古い桜の木が少ないだけに、知る人ぞ知る貴重なしだれ桜です。

私もお恥ずかしいながら、8年目にして初めてお目にかかりました。

原村ではこの時期、どこに行っても桜と八ヶ岳のツーショットが見られます。

こちらは、水仙との相性抜群の室内公民館裏の公園です。

室内ふれあい公園では、若い桜の木の横で20匹の鯉が元気に風に泳いでいました。

桜と言えばお花見。今日は中新田の昭恵さんちのひがん桜の下で山菜の天ぷらや海苔巻で乾杯!!

ここ数日の真夏のような日差しに、ペンションの桜も8分咲き。例年より1週間ほど早いようです。ゴールデンウィークまでもってくれますように・・・

 

おまたせしました。八ヶ岳自然文化園レストランが地元の若者たちの手でリニューアル、プレオープンしました。

その名は「フレンチデリ&カフェ「K」原村」、カレーなど軽食が中心です。

地元のパンやサンドイッチ、地ビールも。ソフトクリームもおいしいですよ!

金、土、日、祝前日、祝日は夜もやっているので、B&Bのお客様にもお勧めです。

ペンションビレッジ活性化の足掛かりとしても期待しているところです。

地方の若者たちの挑戦にご支援よろしくお願いいたします。

春の訪れと共に小鳥たちの動きも活発です。今日はアカハラがあいさつ?にやってきました。

朝は小鳥たちのさえずりが心地よい今日この頃です。

                    

 

投稿者: P.野の花 オーナー
2018.04.21 Saturday *** - / 21:39 / comments(0) / trackbacks(0)


春よ〜来い、早く来い〜!

まるやち湖も水辺が解け始め,白く凍った水面には星形の亀裂が・・・

暖かいお日様の光に誘われて、今年もスノードロップと福寿草が目を覚ましました。

              

今年は、開業以来手入れをせず伸び放題になってしまった樹木の伐採と剪定を木こりの清水さんにお願いしました。

木の成長は思いのほか早く、もっと早くすべきだったと反省しきり。

さすがプロ、重機は使わず、ロープとチェンソーのみ。その手際よさとかっこよさに思わず見とれてしまうほどでした。

ドローンを飛ばし、自分の作業姿を撮影しながらの余裕にも感服。

 

 

先週は、岡谷の宅老所わが家が運営する「グランマンマカフェ」へ。

そこはいつもは普通のカフェですが、毎週火曜日だけ宅老所に通う認知症の皆さんが介護士と一緒に「グランマンマカフェ」を開いています。ウエイトレスも調理するのも認知症の皆さんです。中には黙々と包丁を研ぐおじいちゃんも。メニューはお任せランチ限定30食。皆さん、笑顔でいきいきと仕事をしています。団塊の世代の我々が直面する未来を考えさせられた一日でした。

              

このところ毎日暖かい日が続いています。

しかし、原村に来て病気ひとつしなかった私がB型インフルエンザに。

まさに鬼の攪乱、歳も歳なので気をつけなくっちゃ。

3月は瞬く間に過ぎていきそうです。

                

 

投稿者: P.野の花 オーナー
2018.03.13 Tuesday *** - / 19:41 / comments(0) / trackbacks(0)


原村発、極寒の楽しみ方をご紹介!!

 

諏訪湖に5年ぶりの「御神渡り(おみわたり)」出現のニュースに即反応。

氏子総代たちは氷上を歩いて御神渡りの判定をし、認定されると神事が行われます。

一般の人は立ち入れませんが、肉眼でも氷のせり上がりがずっと向こう岸まで続いているのがわかります。

初めて見る御神渡り、諏訪湖ならではの自然現象に感動!!

 

今年も、ペンション区と原山自治会合同で「どんどやき」開催。

降り注ぐ火の粉を浴びながら、柳の枝にさした繭玉をあぶっていただき、無病息災を祈ります。

 

村の商工会が毎年開催する「スノートレッキング」のお手伝い。

雪の自然文化園をスノーシューで歩き回り、まるやち湖ではランチをご用意。

オープンサンド、ミネストローネ、おしるこ、焼きマシュマロ等々でお腹いっぱい。

まるやち湖は全面凍って真っ白です。昔はアイススケートや氷上結婚式まで行われていたそうですよ。

子ども達は校庭に水を張って作られたリンクで毎日スケート三昧です。

オリンピックで活躍が期待されるスケートの小平奈緒選手は茅野出身。

こんな環境が小平選手を生み出したのだなあと納得。

洗面器で作った氷のリース。外に置いておくと一日でコチコチです。

ここにロウソクを入れればアイスキャンドルのできあがり。

横浜ではありえないこんな楽しみ方も。

冬は寒いからと言ってずっと家に閉じこもっているわけではありません。

冬だからこそできることを見つけるのも、とーっても楽しいですよ。

いかがですか?

 

投稿者: P.野の花 オーナー
2018.02.07 Wednesday *** - / 14:10 / comments(0) / trackbacks(0)


明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

昨年中はたくさんの皆様にご支援いただきありがとうございました。

おかげさまで、ペンション野の花も8年目の初春を迎えることができました。

今年は私自身が古希を迎え、どこまでできるか試練の年となりそうです。

今までと変わらぬ暖かいご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

今年は雪は少ないものの寒い日が続き、まるやち湖もすっかり凍ってガマの穂がふわふわと風に飛ばされていました。

親水公園の流れも凍り始め、美しい模様ガラスのようになっていました。

原村では、1月3日が成人式です。今年も、83人が成人を迎えました。

若い人がこんなに集まるのはめずらしいことです。このうちの何人が原村に戻って来てくれるのでしょう。

古いものを壊して新しいものを作る時代。フェイクなニュースが飛び交う時代。スピードと効率化が求められる時代。お金が道具ではなく目的となる時代。

今だからこそ、いつも子ども達に紹介してきた谷川俊太郎さんの詩「生きる」の一節をもう一度自分自身の胸にしっかり刻んで生きていきたいと思います。

 生きるということ

 今、生きているということ

 美しいものに出会うということ

 そして、

 かくされた悪を注意深くこばむこと

 

皆様にとって、この1年が平和でよい年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

                    

投稿者: P.野の花 オーナー
2018.01.04 Thursday *** - / 15:17 / comments(0) / trackbacks(0)


Infomation

ペンション野の花の公式HPは
▼こちらからご覧いただけます
ペンション野の花
BlogPhoto
From faceBook
Archives
Comments
BlogParts


For Mobile
qrcode
Others
material by
ヒバナ / MINIMUM CLOSET
template by Utakata.
Search